ポッキーとQ太郎とパパとママの日記
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

8月10日
JUGEMテーマ:ボストンテリア
 


お盆ですね。

それにちなんだネタというわけではないですが、今回はちょっとしんみり。


あの世でおそらく元気にしているポックンへの思いの丈などを綴ったまとまりのない内容です。

そして長い。。













8月10日は亡きポックンの誕生日。
もし生きていたら7歳になった日だった。

ポックン天国でお祝いしてもらってるかなぁ。
それとも天国ではもう年を取らないのかな???
パパとママとQで勝手に乾杯させてもらったよ。





ポックンが旅立ってしまってから、この先どうしたらいいか考えたり行動してみたり
自分では逃げないで歩いてきたと思っていた1年。
実際は納得なんてする気もないから単にもがいてるだけだった1年だったような気がしている。

生きてるもののすべての命は永遠じゃないし、
自分が先に旅立つ事にならない限り、必ず見送る立場になることも理解していたつもりだったのに。
その日は急に何の前触れもなく訪れ、何の準備もなくてショック過ぎて自分なんてどうでもよくなってしまったほど大きい大きいダメージだった。









ポックンは結婚してすぐ、動物を飼った経験がない旦那さんが家族にしたいといって呼び寄せた子だった。
まだ子供がいない我が家では、人間の息子のようにして育ててきた。
言葉もよく理解してくれたし、いいのか悪いのか聞き分けが良くていたずらもしない。
お留守番しててねといって出かけると、そこから一歩も動かず待つぐらいの子だった。
私が守っていかないと!っていう気持ちが強くなるほど愛しさも増していった。

犬を飼うのは初めてじゃなかったけど実家では母に任せきりだったせいか
初めて経験する子育てのようだったので、毎日いろんな「なんで」や「どうしたらいいだろう」が
次々やってきて四苦八苦した。
そのせいか、いろんなことがクリアされていくたび、ポックンとの距離も縮まって行き
うんと絆も深くなっていったような気がして毎日が幸せに満ちていた。
幸せすぎて罰が当たるんじゃないかと思ってたし。。




たまたま住む場所を変え、家族4人でまた新しい土地で楽しい思い出作って行こうと思っていた矢先の時だった。
新しい門出。 まったく違う意味での新しいスタートを切ることになってしまった。
もう何にどんな気持ちをぶつけたらいいのか、自分の頭と心と身体のバランスが崩れっぱなしで
収拾がつかない状態だった。




旅立ってすぐの頃は、寂しくて寂しくてたまらず、ただひたすら早くこの世に生まれ変わって
私のもとへすぐ戻ってきてほしいと願い、泣いてばかりだった。
今でも生まれ変わって来てほしいとは願うけど、もしポックンが現れてくれるとしたら
私がもう少し人として成長し、ちゃんと好きな道で生きていくことが出来るようになってからじゃなんじゃないかと思い始めている。そうでないとその願いは叶わないような気がして。。


毎日悲しんでいては何も進まないし、今以上に外に目を向け
何より家族毎日楽しく笑って過ごす事も大事だと思うようになった。
それがポックンと早く再開できる近道のような気がするから。
これもポックンが教えてくれたこと。なのかな。
ありがとう。






Q太郎について。

ポーが居なくなってしばらくは、すごく寂しい思いをさせてしまった。
今では本当に本当に反省している。
太郎は太郎なのに。。
Q太郎は夫婦が悲しみ、ドン底まで落ち込んでしまった中、一人気丈に私たちを和ませようと
すごく頑張ってくれた。親のようにかわいがってくれたポックンと突然遊べなくなって、一番とまどったのは自分だろうに、後ろを向かず前進のみだったQ太郎。本当に救われたと思う。

今年3歳になるQ太郎。
最近また成長とともに変わったことがある。
大きな音に怯えたり、ご飯を食べるときちょっと警戒して食べたり。
少しずつ変わっていくQ太郎をちゃんを見ていきたい。
もっともっとQ太郎を知って、通じ合えるような仲になることが今の目標。
これからもずっとよろしくね、Qちゃん。



ポックン。
 
ポックンの居ない日常になってもうすぐ1ヶ月が経とうとしている。

毎日毎日思わない日は無いけど、メソメソする日は少しずつ減ってきた。

どれだけ望んでも帰って来ない。 ポックンが真っ白な骨に変わってしまってからは

ゆっくりだけどそんな風に現実を受け入れることが出来る状態になってきた。


大切に大切に愛してきたつもりだったのに、ポックンにしてあげられなかった事が

山ほどありすぎて後悔してもし切れない。


お引越しのさなか、もうヘタってて汚いし、新しいのを買ってあげればいいと思っていたからと

捨ててしまったポックンのお気に入りのベッド。

なんで捨ててしまったんだろうとまた後悔。 これを置いておけば姿は見えなくても

そこで居眠りしてくれたかもしれないのに。と。

住む環境がガラリと変わったり、電車通勤するようになったり、

大切なポックンと会えなくなったり、そんな毎日に自分が追いつかなくて大変だったけど

少しずつ自分のペースをつかむことが出来てきた。

これも全部周りで支えてくれる人たちのお陰だと思う。



ブログにメッセージをくださった皆様へ

ずっとお返事できなくてすみません。
ほんとにほんとにありがとうございました。
ポックンを慕ってくれ、かわいがってくれて嬉しいです。
ポックンとても幸せにお空に逝けたと思います。
皆様に心から感謝します。





お引越しをして、だいぶ環境が変わりました。
これからの日記はそんな近況と、相変わらずやんちゃなQ太郎の毎日を
ちょっとずつ綴っていきたいと思います。

のらりくらりですがどうぞ宜しくお願いいたします。






ママがいつか ポックンがいる場所に行く日まで待っててね。







おNewのお洋服とショー
JUGEMテーマ:ボストンテリア


先週末はあったかかったですねー


昨日はまずまずのお天気でしたが、今日は真冬の寒さ
お散歩中も口数が減ります
時々振り向くポックンは何か言いたげ






おっ! おNewですね、ポックンさん


成長したQ太郎君とポックンのおそろい服が1個も無く、
というか、Q太郎君はお兄ちゃんのお古ばかりだったので
ムック部長&Yumiさんのお店D-HOLICで兄弟におそろい服を注文しました〜




サイズもピッタリに作ってくれてビロード地の手触りもいいし、母大満足
Yumiさん本当にありがとう。 PQも着心地がいいと思ってるみたい
またお願いしますね☆






あんまりゴロゴロしないで〜!!! おNEWなんだから



うれしくてしかたないみたいね





この翌日Qが青鼻垂れ小僧になってしまったので
ポックンだけ連れてお散歩がてら、ドッグショーなるイベントに足を運んでみました



会場に行く途中いろんな犬種のお友達がたくさん!
ポックンより飼い主のがキョロキョロ


おや、誰かみつけましたね


 
恐る恐るこんにちわ






グレートデンのバツ君はまだ1歳半だとか。
超おとなしくて美しいBody おりこうさんでとってもかわいかったです。
ちなみにうちの旦那ちゃんは尻込みしてたけどね 



ショーが行われてるパシフィコの会場に入るとこんな感じでした




直前までトリミングしてキレイに整えて。とってもおりこうさん
あまりお散歩で会うことが出来ないかわいこちゃんに沢山出会うことができました。










物販コーナーも激安価格
ぼちぼち買い物して帰りました。


最近よく目にするMasicBall的なアロマディフューザーを売ってるお店のおじちゃん、
15000が4000円だよ!!って声に反応して、なんか欲しくなっちゃんだけど
評判をあまり耳にしないのですが、効果とか良く知ってる方はいらっしゃいますか〜

ハウスダストとか静電気とか?体に良くないものを防ぐ効果とかあるのかな???

イメージ




買ってきたものいろいろ




早速キュータロウ君チェックが




このネコちゃんについてた紐一体どこいっちゃったんだろう...
ちなみにかえるちゃんは不評でした。


ポッキー5歳




相変わらずのFUTSAL三昧なサルバカ飼い主です。
旦那様も呆れ顔。 試合なんか出ちゃったりして、一体何を目指してるんでしょうか、私。
とはいえちゃんと家事はやってますから〜

 

さて、ブログと遠ざかっている間の8月10日に我家の長男犬が5歳になりました





ポックンおめでとう☆


3歳まで下痢気味な体質で皮膚もトラブル続きだったけど
今は全くの健康優良児!先生にも太鼓判押されました☆
パパもママも学びながらの子育てだったので
ポックンをベストコンディションにしてあげることがなかなか出来なくてごめんね。
元気でいてくれてほんとにありがとう。 それだけで本当に家族みんな幸せ。





弟が出来てとまどうことばかりだっただろうね。
今もまだ遠慮しながらお守りして遊んでくれるポックン。
おかげで弟の暴れん坊レベルが上がった気が。調子に乗るのでたまには一喝していいからね。








またあっという間に1年が経ってしまわないように





ちゃんと毎日を噛み締めて






いつもこんな空の下で







ポックンが毎日楽しく笑顔でお散歩出来ますように。






この先何十年もずーーーーっと!








一昨日、こんなサプライズが我が家に届きました!






ボストンテリアの女将さん『おっかみさ〜ん、時間ですよぉ〜!』 
の親方さんからでした!



もうびっくりです! ポックンの誕生日覚えててくださっただけでもすごい嬉しいのに贈り物までお気遣いいただいて、ほんとうにありがとうございました!!!







全然関係ないキュータロウにまでおもちゃのプレゼント


 




飼い主にまでこんなSweetsを
甘いの大丈夫なの何のって200%平気ですから。
中を開けて見たら上品な神戸Sweetsのフィナンシェでした〜
会社のおやつタイムにいただきます





で、なんといってもいちばん驚いたのがこちら






ポックン写真集!!!!!


中はこんな感じ。  10Pageカラーです!



すっかりモデル犬な気分ですよ、奥さん!



これ本当に感動しました。
親方さんはこういったお仕事をされてらっしゃるので、その道のプロかと思いますが
人が感動するような心遣いまではなかなか出来るものではありません。


家宝とさせていただきます


ありがとうございました。





実はこの記事いったんUpdateしたはずのデータが飛んでまたかきなおしたのです
半分見切れてたときには凹みましたー。




サルバカになっている間、パパのBirthdayがあったり、帰省したり諸々楽しいことがあったので
ぼちぼち日記にしようかと思います。




最近キュータロウが自我に目覚め始めています。
大人びて見えたりまだまだ赤ちゃんのようだったり。
これからも楽しみ。