ポッキーとQ太郎とパパとママの日記
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

8月10日
JUGEMテーマ:ボストンテリア
 


お盆ですね。

それにちなんだネタというわけではないですが、今回はちょっとしんみり。


あの世でおそらく元気にしているポックンへの思いの丈などを綴ったまとまりのない内容です。

そして長い。。













8月10日は亡きポックンの誕生日。
もし生きていたら7歳になった日だった。

ポックン天国でお祝いしてもらってるかなぁ。
それとも天国ではもう年を取らないのかな???
パパとママとQで勝手に乾杯させてもらったよ。





ポックンが旅立ってしまってから、この先どうしたらいいか考えたり行動してみたり
自分では逃げないで歩いてきたと思っていた1年。
実際は納得なんてする気もないから単にもがいてるだけだった1年だったような気がしている。

生きてるもののすべての命は永遠じゃないし、
自分が先に旅立つ事にならない限り、必ず見送る立場になることも理解していたつもりだったのに。
その日は急に何の前触れもなく訪れ、何の準備もなくてショック過ぎて自分なんてどうでもよくなってしまったほど大きい大きいダメージだった。









ポックンは結婚してすぐ、動物を飼った経験がない旦那さんが家族にしたいといって呼び寄せた子だった。
まだ子供がいない我が家では、人間の息子のようにして育ててきた。
言葉もよく理解してくれたし、いいのか悪いのか聞き分けが良くていたずらもしない。
お留守番しててねといって出かけると、そこから一歩も動かず待つぐらいの子だった。
私が守っていかないと!っていう気持ちが強くなるほど愛しさも増していった。

犬を飼うのは初めてじゃなかったけど実家では母に任せきりだったせいか
初めて経験する子育てのようだったので、毎日いろんな「なんで」や「どうしたらいいだろう」が
次々やってきて四苦八苦した。
そのせいか、いろんなことがクリアされていくたび、ポックンとの距離も縮まって行き
うんと絆も深くなっていったような気がして毎日が幸せに満ちていた。
幸せすぎて罰が当たるんじゃないかと思ってたし。。




たまたま住む場所を変え、家族4人でまた新しい土地で楽しい思い出作って行こうと思っていた矢先の時だった。
新しい門出。 まったく違う意味での新しいスタートを切ることになってしまった。
もう何にどんな気持ちをぶつけたらいいのか、自分の頭と心と身体のバランスが崩れっぱなしで
収拾がつかない状態だった。




旅立ってすぐの頃は、寂しくて寂しくてたまらず、ただひたすら早くこの世に生まれ変わって
私のもとへすぐ戻ってきてほしいと願い、泣いてばかりだった。
今でも生まれ変わって来てほしいとは願うけど、もしポックンが現れてくれるとしたら
私がもう少し人として成長し、ちゃんと好きな道で生きていくことが出来るようになってからじゃなんじゃないかと思い始めている。そうでないとその願いは叶わないような気がして。。


毎日悲しんでいては何も進まないし、今以上に外に目を向け
何より家族毎日楽しく笑って過ごす事も大事だと思うようになった。
それがポックンと早く再開できる近道のような気がするから。
これもポックンが教えてくれたこと。なのかな。
ありがとう。






Q太郎について。

ポーが居なくなってしばらくは、すごく寂しい思いをさせてしまった。
今では本当に本当に反省している。
太郎は太郎なのに。。
Q太郎は夫婦が悲しみ、ドン底まで落ち込んでしまった中、一人気丈に私たちを和ませようと
すごく頑張ってくれた。親のようにかわいがってくれたポックンと突然遊べなくなって、一番とまどったのは自分だろうに、後ろを向かず前進のみだったQ太郎。本当に救われたと思う。

今年3歳になるQ太郎。
最近また成長とともに変わったことがある。
大きな音に怯えたり、ご飯を食べるときちょっと警戒して食べたり。
少しずつ変わっていくQ太郎をちゃんを見ていきたい。
もっともっとQ太郎を知って、通じ合えるような仲になることが今の目標。
これからもずっとよろしくね、Qちゃん。



夏休みと美少女時代


7月も、もうすぐ終盤。
 
すでに今月でお腹一杯なほど夏休みを満喫した我が家。
7月の締めは月末のフットサルの試合だ(嫁だけ)。
夏バテと日焼けに気をつけて過ごさねばと思います。
アラフォーですから。。


さてひとまず一番Hotな近況から。
先週末はこの子たちのお宅にお邪魔して参りました。




ゆずちゃん、ぽんたくん




日中からお邪魔してちょっと引っかけてから海岸へ。
ゆずぽんママさんにお誘いいただいたサザンビーチフェスタは
少々自粛の雰囲気の中、茅ヶ崎らしい気取らないほのぼのとしたイベントでした。 





夕方からはな家も合流してゆずぽんママさんのおもてなし料理でまた飲み。

すっかりいい感じにお酒に飲まれてきた頃、ゆずポンママのナウでヤングでな写真が見たい!ってことになり、なんとすごいお宝写真を出していただきましたよ!!


じゃん♪
さすがJJ読モ! 美人さんすぎます。


※ご本人の了解を得て掲載しております。

やはり昔から小顔だったんですねぇ。いやぁこれは美少女時代というべき。ほんときれい。


そして現在のゆずポンママさんはこちらで会えます↓↓↓↓
湘南イヌLIFE





日曜は七里ガ浜でYumiさん&ムックも合流してこちらのお店へ。




江の島を眺めながらのランチタイム。










テラス席でボストン4、人間6で乾杯♪
お料理、めちゃめちゃ美味しい。 しかもボリューム満点大満足なひと時を過ごしましたよ。




普通にしてるとあの顔がうそのように激カワの茶ー子


はなちゃん、「いいにおーい」の顔かな?


ムック、Q太郎がからんでごめんね。


なぜかムックを兄と勘違いして絡むQ太郎...反省


食後はお隣のWeekendHouseAlleyへ

ここはぼくの庭さ♪ のムック
目をつぶっちゃってる写真でごめんね。




さてさて今回はボストンズと少し距離をおいていたゆずちゃんの写真が1枚いもない!?相当気疲れされてしまったようです。





今回初めてお泊りさせていただきましたが、2日間ほんとにお世話になりました。  おもてなし料理もおいしかったです!!!


今回は実に夏休みらしい2日間でした(^−^)

記念日でした。
 

先週、自分の誕生日だった。

と、同時に結婚記念日でもあり、 今年はなんだかしずーかに訪れ

しずーかに過ぎて行った。



今年で7年目。  ほんとにいつのまにやら。


毎年記念日に行く場所があるんだけど、 今年は旦那ちゃんの帰りが遅すぎて無理なので

高島屋のGramacyNYでおいしそーなケーキを選んで帰った。 

一人で。 





今月は自分にじゃんじゃん投資月間♪  ってことで

有元くるみさんのお料理教室に参加してみたり



ずっと欲しかったMattaのストールを買ったり

平日のランチタイムにちょい高めのランチプレートを連続して食べに行ったり


さらに、交際費もじゃんじゃん。とまではお財布が許さないけど、 

普段より人と会ってじっくり話す予定を増やしたり、 

普段会うチャンスがない人が集まるイベントに積極的に参加してみたリ、

また違った形の投資?をする月間にしてみております。


出かける機会が増えると、装うものもたくさん欲しくなるわけで。

色違いのストール欲しいなーっ  靴も欲しいよーっ(旦那ちゃん見てるかなww)





最近のおみやでいただいて美味しかった品々をご紹介。



Patissrie Natier MOCHIMOCHIROLL

なぜかHP見つからず。 ほんっとにもっちりとした食感の生地でした。
一押しだという「キャラメル」が美味しかったです。





王様からのご褒美 

ナボナ(年配者しかしらないかも)っていうお菓子と似ております。
生地はナボナより断然しっとりしてて美味しいです。
気持ちちっちゃいので、2個ぐらい全然ぺろりです。

 

      


Patisserie Brothersの Coloerというシリーズのキューブシュー

結構大きな四角形なので食べずらいなーと思ったけど、おみやにはいいね!
女子は絶対喜びます。


最近たまたま電車トラブル系でダイヤが乱れて仕方なく下車した品川なんかは
オシャレ系パン屋やSweetsが増えたな。
八天堂もちゃんとしたお店構えが出来てたし。品川やるなぁ。




そうそう、会社の同僚からお誕生日祝いにいただいたこれ。


Lekue

我が家では2代目君ですが、こっちの方が重宝してます。

魚焼き器不要〜  魚を塩でまぶして、これに包んでレンジで8分。
あら不思議。 外カリ、中ふっくらの焼き上がりでしたよ、奥さん!!

洗うときも汚れがつるんと簡単に落ちます。

あ、でもヘルシオなご家庭にはいらない逸品かもしれません。
ヘルシオってない我が家にはこういうものがとても重宝します♪






さて太郎君の近況ですが、首の辺りに、結構大きなできものが出来てしまいました。
2週間しっかりと抗生剤と消炎剤を飲ませたらすっかり凸が平らになりましたが
ほんとに大変だったー  薬イヤがって。
先生の教えの通り、太郎が大好きな白米に混じらせてあげてみたりしても
用心深くそれだけ残してくれちゃったので、翌日からはダイレクトにあげました。

まぁそれはそれは大変でした。 暴れて。





良くなってよかったね。太郎君。




とっても雑多な日記になってしまった。



一年後、何でもいいからも成長出来てますよーにっ。自分がね。